2017年9月2日(土)の国際トーク「私の祖国 ミャンマーの今」

「私の祖国 ミャンマーの今」
主催:Women’s Messages

DATE:    2017年9月2日(土)14:00~16:00
PLACE:    京都府国際センター(TEL:075-342-5000)
京都駅前、「メルパルク京都」地下1階 (場所が移動しました
(JR京都駅、烏丸中央口から東へ徒歩1分)
SPEAKER:  キュウ キュウ アング(Kyu Kyu Aung)さん
ミャンマー(旧ビルマ)Judicial Officer、立命館大学院生(博士課程)
トークは英語(通訳あり)
資料代:   700円(Women’s Messages 会員500円)
定員:    先着30名
問い合わせ先:Women’s Messages(ウィミンズ メッセージズ・男性もウエルカム)
TEL/FAX:  090-5057-2523 , 075-956-1388
Email: wmfj@wm-japan.org      Website: http://www.wm-japan.org

キュウ キュウさんからのメッセージ

2度目の来日、留学中です。
皆様にお会いするのを楽しみにしています。

普段はあまり報道されないミャンマーの人々の暮らし、社会の様子を知る貴重なチャンスです。
お誘いあわせてご参加ください。お待ちしてま~す。

2017年6月18日(日)の国際トーク「私の祖国 イスラエルを知って欲しい」

「私の祖国 イスラエルを知って欲しい」
主催:Women’s Messages

DATE:    2017年6月18日(日)14:00~16:00
PLACE:    京都府国際センター(TEL:075-342-5000)
京都駅前、「メルパルク京都」地下1階 (場所が移動しました
(JR京都駅、烏丸中央口から東へ徒歩1分)
SPEAKER:  シャローム・ポラックさん
イスラエル歴史研究者・ツアーガイド
資料代:   700円(Women’s Messages 会員500円)
定員:    先着30名
問い合わせ先:Women’s Messages(ウィミンズ メッセージズ・男性もウエルカム)
TEL/FAX:  090-5057-2523 , 075-956-1388
Email: wmfj@wm-japan.org      Website: http://www.wm-japan.org

シャローム・ポラックさんからのメッセージ

みなさん、こんにちは!
私の愛する、特別な国、イスラエルを紹介します。

イスラエルとユダヤ人に関する、ユニークな話です。
2000年前の追放の後、放浪を経て復興した母国や古代ヘブライ語、広大な土地での長い逃亡中の絶えない迫害など、等・・・
ぜひお越しください、そして私たちの国の様子を知ってくださいね!

事務局からもひとこと・・・お誘いあわせてご参加ください。お待ちしてま~す!

 

2016年9月24日(土)の国際トーク「私の祖国 シリアの仲間を助けたい」

「私の祖国 シリアの仲間を助けたい・・・シリア留学生の取り組み」

混乱の母国、シリアの同胞を救うために、日本から出来ることは何か?
日本人も出来ることがあるのでは?
普段は聞けない貴重な体験や話を、ぜひ聞いてください。

DATE:      2016年9月24日(土)  14:00~15:30
Place:      京都府国際センター  TEL:075-342-5000  京都駅ビル9階
JR京都駅南北通路、伊勢丹入り口左エレベーター9F (次回より会場が変わります)
Speaker:  タマム・アル・アラマさん
シリア出身、京都薬科大学留学生、日本・シリア友好の会京都代表世話人
通訳あり
資料代: 700円 (Women’s Messages 会員500円)
定員:  先着30名
申し込み先:Women’s Messages(男性もウェルカム)事務局
TEL/FAX: 075-956-1388, 携帯: 090-5057-2523
Email: wmfj@wm-japan.org    Website: http://www.wm-japan.org

近年まで、シリアは、他のアラブ諸国と同様、訪れたものにとって、安全で古代遺跡が魅力的、砂漠のオアシスが美しい国でした。人々も幸せそうでした。1日も早い平穏と復興の日が来ることを願って、今回の企画を立てました。
お知り合いを誘って、多数ご参加ください。


長年お世話になった京都府国際センターが9月末で一時閉鎖、メルパルク地下へ移動します。
次回よりの国際トークの会場は、チラシ、ホームページなどでお知らせいたします。
お問い合わせは、上記、Women’s Messages(男性もウェルカム)事務局まで


 

2016年7月30日(土)国際トーク「バングラデシュの真実」

「バングラデシュの真実」 祖国の日常・世界との関係

ダッカで起こったあまりにも残虐なISによる事件・・・彼らと市民、国際社会との関係は?
事件以外にも日本の人に知ってもらいたいことがいっぱいあるはず。
幸運にもバングラデシュ女性による緊急トークが実現しました。
報道に加えて、貴重な話に切り込みます!!!

DATE:    2016年 7月30日(土)  14:00~15:20
PLACE:      京都府国際センター  (TEL:075-342-5000)
京都駅ビル9階  JR京都駅南北通路 伊勢丹入り口左エレベーター9F
SPEAKER:  サイーダ・タスミンさん   バングラデシュ出身 薬科大学生  通訳あり
資料代:  700円(Women’s Messages会員 500円)
定員:   30名
申込先:  Women’s Messages 事務局  TEL/FAX: 075-956-1388
(携帯)090-5057-2523
Email: wmfj@wm-japan.org

日本人の視点とは違う話をご期待ください。お知り合いを誘って気軽にご参加を・・・

 

1月30日の国際トーク

旧ユーゴ(ボスニア、コソボなど)で見聞きしたこと
現地だからわかる戦禍、PKO・・・

Date: 2016年1月30日(土)14:00~15:30 (13:30より受付開始)
Place: 京都府国際センター
Speaker: 高嶋紀子 (ウィミンズ メッセージズ)
資料代: 700円(Women’s Messages会員 500円)
申し込み先: Women’s Messages事務局 TEL/FAX: 075-956-1388, 090-5057-2523

10月3日の国際トーク

「知ってほしい  報道されない私の祖国・イラン」 
    びっくり日本の生活も・・・京大研究者(博士)語る

報道の他に日本の人に知ってもらいたいことがいっぱい
日本人も体験することが少ない体験って?
報道では聞けない貴重な話をお楽しみに!

Date:  2015年10月3日) 14:00~15:30
Place:  京都府国際センター(TEL: 075-342-5000)  京都駅ビル9階
JR京都駅南北通路、伊勢丹入り口左エレベーター9F
Speaker: ヤヒア・マハズンさん
イラン出身  京都大学研究者  工学部 都市環境専攻
英語、日本語で話します
資料代:  700円(Women’s Messages 会員 500円)
定員:   先着30名
申込先:  Women’s Messages 事務局
TEL/FAX:  075-956-1388,   090-5057-2523
E-mail:  wmfj@wm-japan.org
Website:   http://www.wm-japan.org

 

8月1日(土)の国際トーク

「私の故郷・エディンバラ」・・・ふるさとの様子・日本で暮らして感じたこと
日本人には親しみのあるイギリス・・・エディンバラってどんなとこ? イギリスの大学での日本語の学び方は? 観光だけではない貴重な話をご期待ください。

Date: 2015年8月1日(土) 14:00~15:30
Place: 京都府国際センター   TEL: 075-342-5000
京都駅ビル9階 JR京都駅南北通路、伊勢丹入り口左エレベーター9F
Speaker: ケリー・ボルクィルさん Ms Kerry Balkwill
イギリス・スコットランド出身  エディンバラ大学日本語科専攻
同志社大学に留学中、英語・日本語で話します
資料代: 700円(Women’s Messages 会員 500円)
定員: 先着30名
申し込み先:Women’s Messages  事務局
TEL/FAX: 075-956-1388, 090-5057-2523
Email: wmfj@wm-japan.org

日本人の視点とは違う話を聞けるかも・・・
お知り合いを誘って気軽にご参加ください。

国際トーク 2015年4月12日 「フランス・母国で起こったこと」

「フランス・母国で起こったこと」・・・フランス人女性が語る母国の様子など・・・

Date: 2015年4月12日(日) 14:00~15:30   13:30より受付開始
Place: 京都府国際センター 京都駅ビル9階(TEL: 075-342-5000)
JR京都駅南北通路、伊勢丹入り口左エレベーター9F
Speaker: アリス・ボナミさん 京都府国際交流員
資料代: 700円(Women’s Messages会員 500円)
定員: 先着60名

申込先:Women’s Messages 事務局 TEL/FAX: 075-956-1388, 090-5057-2523
E-mail: wmfj@wm-japan.org

1月7日に起こったシャルリー事件、その後フランスの人たちがどのような行動をしたか、ボナミさんがどのように考えたのか、フランス人の考える本当の自由とは?貴重な話をご期待ください。

9月27日の国際トーク

「ナイジェリアの衛生・くらし・・・日本との比較」

国の発展の基礎は水と言われています。水の浄化を目指して母国の発展を願う博士に水にまつわる話を伺います。
今世界で恐れられているエボラ出血熱の状況についても聞けるかも・・・

Date:  2014年9月27日(土)14:00~15:30

Place:  京都府国際センター 京都駅ビル9階
京都駅南北通路、伊勢丹入り口左エレベーター9F

Speaker: Dr Emmanuel M. Akpabio エマニュエル・M・アクパビオさん(博士)
国際水資源協会ディレクター 京都大学研究員

資料代: 800円(Women’s Messages会員 500円)

申込先:  Women’s Messages事務局
TEL/FAX: 075-956-1388   ,  090-5057-2523
Email: wmfj@wm-japan.org

 

母国でタリバンに命を狙われて・・・「アフガン・わが祖国への思い」 アフガン男性難民レザさん語る

DATE: 7月13日(日)14:00~15:30

SPEAKER: イーダック・モハマッド・レザさん(通称:レザさん)

同志社大学生

映像・通訳あり

PLACE:  京都府国際センター

JR京都駅伊勢丹ビル9階 エレベーター降りて正面(TEL:075-342-5000)

資料代:  Women’s Messages会員 500円、一般 800円

お問い合わせ:Women’s Messages事務局 TEL/FAX:075-956-1388   携帯:090-5057-2523(高嶋)

Email: wmfj@wm-japan.org

レザさんのプロフィール:アフガン出身、現在同志社大学生、社会学専攻。旧ソ連のアフガン侵攻時、一家で隣国イランに逃れたがアフガンに強制送還される。母国で英語を習得、イスラム原理主義者に命を狙われる。日本のNGO「ラーラ会」(http://web1.kcn.jp/lala-afghan/)に保護され日本へ脱出。難民認定申請中。

普段は聞けない貴重な話が聞けるはずです。お誘い合わせてぜひお越しください。

2014年6月14日