Go to キャンペーン

感染者が増えている今の時期にGo to キャンペーンをするのには、いろいろ問題もあるようですが、Go to eat! やGo to travel!は、ネイティブには意味不明のようです。「eat や travel という名前の場所へ行け」というふうに受け取られるのだとか。一流大学を卒業したお偉い高級官僚の皆様方の英語はどうなっているのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です