コロナ関連(重症と軽症)

厚労省によると、入院の必要がなければ「軽症」と言うそうですが、一般人と医療関係者の考えるコロナの「重症」と「軽症」には、大きな隔たりがあるようです。

呼吸器外科医のツイッターには、

「8割は軽症」と言いますが、例えばインフルエンザで39度の熱にうなされながら水しか飲めない状況というのは、軽症に入ります。

とあります。

以下は、コロナによる肺炎で入院中の患者さんによる手記です。

これで「軽症」と言うのか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です