鳴海餅

25歳前後に住んでいた向日町競輪場近くのマンションは、玄関を出て少し下ると鳴海餅のお店でした。お赤飯はもちろん、餅菓子や季節の和菓子がどれも美味しくてすっかり虜になってしまいました。このブログを見てくださっている方はご存じのように、いろんなところへ出かけて和菓子屋さんを見ると買わずにいられないのは、このとき以来のことです。今も大丸京都店の地下で鳴海餅の赤飯が出ていると、普段はご飯類を食べないのですが、必ず買って小分けして冷凍しておき少しずつ楽しんでいます。

鳴海餅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です