「ナイジェリアの衛生・くらし・・・日本との比較」講演会

今日はWomen’s Messages主催の講演会でした。参加者17名。水道の蛇口から出る水を当たり前のように使うことの出来る日本のありがたさがよくわかりました。

私は早く着きすぎたので、国際センターのある9階から外へ出て、大階段に座り、下の方から聞こえてくる生演奏を聞いていました。

IMG_0307 IMG_0308 IMG_0310

「ナイジェリアの衛生・くらし・・・日本との比較」講演会」への3件のフィードバック

  1. お疲れさまでした。 今日は 水と衛生の話 でした。 講師のアクタビオ氏 も 穏やかな方で ナイジェリアの様子を いろいろ教えてくださいました。 日本も 今の衛生状態になるのに 何年かかったでしょうか。 つい数年前までは 公衆トイレは 衛生的ではありませんでした。最近はどこへ行っても きれいになりました。  やればできるもんですね。 でも 一世代の長きにわたって 改善されたのではないでしょうか。日本は モンスーン地帯で 水に恵まれていますので ラッキーな 国だと 思います。立ちションが 川柳なんかによまれたりして 一種の文化みたいなところもありましたから あんまり 日本も 威張ったものではありません。 ナイジェリアもこれから 国が国らしくなって 少しづつ 改善していくことでしょう。 今日の 講師の方が 将来 お国で 活躍されることを 祈るばかりです。  コスモス 秋の空 金木犀など 秋の代表的な写真 いいですね~ ホットします。

  2. 内容が深く、しかも暖かい雰囲気のトークだった。日本では聞けないナイジェリアの衛生状態も聞けた。ナイジェリアのエボラは政府の努力により今は落ち着いているというのを聞いてホッとした。(事実ならば)
    Some people tald me that they were very happy to know the Nigerian situation which were not reported in the mass media in Japan.

    • YOMIURI ONLINEによると、26日のWHOの発表では、エボラの感染状況が深刻なのはギニア、リベリア、シエラレオネの3国で、9月初めまでに8人が死亡したナイジェリアではこの3週間感染者が出ておらず、封じ込め策が今のところ効果を上げているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です