今年の京都とその周辺の風景(2)

今年は残念ながら、WMの活動も思うように出来ませんでした。
でも、皆様のおかげで、ネイティブ支援募金は多くのご支援をいただくことが出来ました。
本当に有り難うございました。
来年もWMをどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

昨日の続きです。来年は自由にいろんな所に行けて、美しい京都の四季を満喫できますように。

コロナ関連

現職の国会議員が、残念なことにコロナで亡くなったようです。東京でなくて地方でならもっと早く検査が出来て、CTなども撮り、すぐに入院できていたかもしれません。私の知り合いは、京都府北部の自治体の議員ですが、すぐに検査して陽性が分かって即入院、血痰など肺炎の症状がきつかったみたいですが、今はすっかり元気になって公務に復帰しているようです。最近毎日の死者数が増えてきているように思います。初期の段階で医者の処までたどり着ければ(入院できれば)、医者の方はコロナに対処するかなりの知識を蓄えてきているので、死に至ることはそれほどないはずです。未だに検査もすぐに受けられず、入院も出来ずに容体が急変して亡くなっている人がいるとしたら、状況は4月頃と全く変わってないように思われます。
解決方法はただ一つ、コロナを指定感染症2類相当から外すことです。インフルエンザ並みの扱いにすれば医療崩壊も起きません。インフルで今まで医療崩壊は起きていませんから。それにインフルエンザと同じ扱いにすれば、感染者差別もなくなるでしょう。看護師さんの負担も減るはず。誰もが早くに受診できて、高齢、肥満、糖尿病、心臓病などリスクのある人たちが優先的に入院できるようになれば、死者も減るのではないでしょうか。といってもコロナとインフルは、治療薬が出来ていないとかワクチンが行き渡っていないなどいろいろ違いはありますが。

保健所が厚労省に「2類指定を外して」

 

NO YOUTH NO JAPAN

早速インスタグラムでフォローしました。
若い人に政治に関心を持ってもらうのは難しいですね。選挙のたびにあまりの投票率の低さに驚きます。まあ普通の会話で政治の話をすると周りからひかれますから。政治の話が普通に出来るのはWMくらいでしょうね。

NO YOUTH NO JAPAN

 

「誰も教えなくなった、料理きほんのき」

そうか、私がほうれん草のおひたしだと思って今まで作っていたのは、ただほうれん草を茹でたものにしょうゆをかけただったのか。だしに浸けるからおひたしだったんですね。そんな面倒なこと私には出来ません。

「誰も教えなくなった、料理きほんのき」

 

今日の勉強会

今日は今年最後の勉強会、参加者は4名でした。来年は1月8日からです。私はなんかすごく眠たかったのでお休みしました。京都は感染者数も増えているので、京都府と医師会が緊急メッセージを出したようです。1月16日の国際トークの開催も少し怪しくなってきました。

命を守る年末年始に

 

コロナ関連

今年の年末年始は休業するスーパーが増えそうです。コンビニは営業するようですが。

比べてみました。

滋賀県の人口:1,412,916人        京都府の人口:2,610,353人

滋賀県のコロナ感染者数:969人      京都府のコロナ感染者数:3,998人

滋賀県の回復者数:858人         京都府の回復者数:3,163人

滋賀県のコロナ死者数:11人        京都府のコロナ死者数:44人

年末年始はただでさえ循環器系の病気で救急車のお世話になる人たちが増える時期なのに、コロナで病床が埋まったり、病院内でクラスターが発生したりすると、救急車にも来てもらえず、たとえ来てもらえても入院できずに亡くなるケースが増えるかもしれませんね。

デジタル教科書

私としては、教科書のデジタル化は反対です。デジタル化の理由の一つに、「子供をデジタル端末に慣れさせるため」というのがありますが、今の子どもたちはゲーム機や親のスマホで十分デジタル端末に慣れています。慣れてないのはデジタルデバイスを使いたくても使い方が分からない学校の先生や政治家や高級官僚の方ではないでしょうか。私は電子書籍を400冊くらい持っていますが、電子書籍を読む理由は、紙の本を置く場所がない、紙の本より少し安い、外出時にかさばらずに何冊でもスマホで持って行ける、などです。
電子書籍でも目次から読みたいページに飛ぶことはできますが、本をパラパラッとめくってもう一度読みたいところに戻るのは紙の本の方がずっとやりやすいです。
ただ、先日中学生に見せてもらった教科書は、私の子供の時のより大きくて紙の質が良くほとんどがカラーページで重たかったです。

デジタル教科書

 

イルミネーション

木曜日夜の勉強会のKさんが、長岡京駅前のイルミネーションの写真を送ってくださいました。うれしいですね。