「鬼滅の刃」

ずいぶん前にAmazon Prime Videoで最初だけ見たのですが、なんだか残酷な場面が多いみたいな気がして、見るのをやめました。昨日からの大統領選挙の報道にも飽きてきたし、最近話題になっているようなので今日もう一度見てみました。すると血を見る場面もわりとぼんやり描かれていて、そんなに気持ち悪くはなかったです。
「友情」「努力」「勝利」。すべての連載作品にこの要素または繋がるものを最低一つ、必ず入れることが編集方針になっている「少年ジャンプ」に掲載されていただけあって、登場人物はやさしくて思いやりがあり頑張り屋さんです。
「鬼滅の刃は面白いからぜひ見た方がいいよ。」などと、漫画の嫌いな人にも押しつける行為を「鬼滅の刃ハラスメント」略して「キメハラ」と言うんだそうですが、私にとっては、すごく面白くてはまってしまいそうです。はまりすぎて、ヘッドラインの入力がおろそかになり、「自滅の刃」にならないよう気を付けなければ。