コロナ関連(往来自粛)

今日、三日月滋賀県知事は、私たち滋賀県民に対して、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県の9都道府県への往来を自粛するようにという要請をしました。滋賀県では、現在7名の感染者が出ています。京都は65人ですが、これから増えると思われます。

海外在住の日本人は、日本の人たちのコロナに対するのんびりしたお気楽な態度をとても心配しています。

今私たちに必要なことは、1人1人が自分も感染していると仮定して、できるだけ周りの人に移さないような行動を取るべきではないでしょうか?

<ニューヨークの吉田寛先生>
「患者が次々と死んでいます」ニューヨーク医療崩壊の現場

■3/26
自分の家族に見せるため字幕をつけましたが、一般公開することにしました。日次で報道されるコロナウィルスの感染者情報は10-14日前の状況をあらわすものだということを忘れないでください。今日は「まだ」慌てる状況ではない、今日は「まだ」そこまでではない、と考えてはいけません。ひとたび感染爆発が始まれば、数字は3-4日ごとに倍々ゲーム、12日間で8-16倍にもなるのです。 スペイン・フランス・ドイツのペースなら、今日1000名の発表は、12日後には8000名と発表され、そのとき実際には6万4000名が感染しているということです。アメリカのペースなら12日後には25万6000名です。「危ない」と感じる遥か手前で行動しないと完全に手遅れです。 孫にうつされるなら本望だと言っているおじいさん、自分だけは大丈夫だと考えている若い人、「まだ」たいしたことないと考えている友人・知人。。ウィルスが3日でひとり感染させるなら、わたしたちは3時間でひとりの目を覚ましましょう。今日この動画をみて気付いてくれる人が100人いるとして、その100人が毎日5人の知り合いの危機感をマックスに高めることができれば、3日で12500人、6日で156万人、9日で1億人以上、ひとり残さず全ての日本人に届きます。今すでに感染爆発が起きているとして、今日の実際の国内感染者数が4000人だとすると、9日後は32000人、アメリカでいうと3月第二週の状況です。そこで止まれば間に合います。3月12日のアメリカの状況ならまだ大丈夫、なんとかそこで止めなくてはいけません。 いま起きていることは人間とウィルスとの戦争です。NY州には3000の感染症病床がありますが、既に陸軍工兵隊が出動して大学や大型体育館、ホテルなどに仮設病院を設営しはじめています。日本にはアメリカのような戦力はありません。東京は118床、それを4000床に整備するといっても3日遅れただけで必要な数は8000床に倍増です。6日おくれたら16000床です。「時間稼ぎ」をしてその間に体制を整える戦略では勝てません。全員が人との接触をやめ、感染を「止める」しかありません。

以下の動画は、Facebookをやってない人には見られないかもしれません。

The New York Times

 

コロナ関連(コロナの2つの型)

志村けんさん、本当に残念でしたね。

さて、新型コロナウイルスには、S亜型とL亜型の2種類があることがわかっています。日本で最初に流行したのは、それほど重症化しないS亜型です。そして今流行しているのは、海外旅行からの帰国者がイタリアやスペインから持ち込んだ、非常に感染力が高く重症化しやすいL亜型のようです。(こんな時期に海外旅行なんかするな~~~!)そういえば、ダイヤモンド・プリンセスの乗客は感染者が多かったわりには、死亡者数は少なかったですね。

感染してできるだけ早くに、少なくとも6日以内にアビガンを使えば効き目があることがわかってきたとのことです。でも、海外からの帰国者や濃厚接触者でないとなかなか検査すら受けさせてもらえない現状では一般の人がアビガンを使ってもらうのは無理でしょうね。

このまま行くと、4月10日くらいには、日本もイタリア、イギリス、アメリカのようになっている可能性が高いです。日本医師会は、医療崩壊が起こる前に、もう緊急事態宣言を出す時期だと言っています。今回のウイルスでは、中国やイタリアで治療にあたったたくさんの医者や医療関係者が亡くなっています。中国のように、1000床の病院は10日で作ることが出来ますが、使える医者を1人作るには10年かかりますから。

以下は、ロックダウンのイギリスに住む日本人からの警告です。

イギリスから

 

コロナ関連

重症化してしまうとダメみたいですが、感染初期にはアビガンが効くようです。日本も中国に続いてもうすぐ量産体制に入るようです。一応200万人分の備蓄はあるようですが。

それから、ワクチンが早ければ4月くらいに出来るかも。期待したいです。

多くの人が、症状が軽いため感染者であることを自覚せずに日常生活を送り、自らが感染を広める媒体となってしまうのが、このウイルスの怖いところです。

『コロナウイルスの怖さ』『これまでのウイルスとコロナウイルスが異なる点』を問う質問に対する国立国際医療研究センター病院の大曲貴夫国際感染症センター長の回答

「この病気(コロナウイルス)の怖さというのは、WHOの出している数字にも出てきますけど、本当に8割の人は(症状が)軽いんです。歩けて、動けて、仕事にもおそらく行けてしまうし、軽いんですよね。
ただ、残りの2割の方は確実に入院は必要で。全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない。しかも現場で患者さんを見ているとよく分かりますけど、悪くなる時のスピードがものすごく早い。
本当に1日以内で、数時間で、それまで話せていたのにどんどん酸素が足りなくなって、酸素量を上げてもダメになって、人工呼吸器につけないとこれは助けられないという状況に数時間でなる。それでも間に合わなくて、人工心肺も付けないと間に合わないということが目の前で一気に起こるわけです。ものすごい怖いです。
ですのでやっぱり、(コロナウイルスに)かかった方の中には特にやっぱり持病があったりする方の中では、そういうことが起こるんですよね。だからやっぱりかかっちゃいけないと思います。僕はすごく強く感じます。というのが僕の正直なとこです。」

 

 

ECMO エクモ

ECMOエクモとは、extracorporeal membrane oxygenation「体外式膜型人工肺」のことで、今、タレントの志村けんさんの治療に使われています。使用した半数くらいの人が回復しているということですが、志村さんもうまくいくといいですね。

都道府県別エクモの数

 

social distancing 社会的距離戦略

今日の勉強会の参加者は、8名だったそうです。
ただいまWomen’s Messages from Japan56号の製本作業を進めています。
4月の中旬までには、会員の方の元へなんとかお届けできるかと思っています。お楽しみに。

いつも使っているトイレットペーパーがネットで品切れになってからもう諦めていたら、先日アスクルで取り扱っていたので早速注文しました。そして今日無事届きました。これで一安心。
いつもならアスクルなので翌日配達なのですが、3日ほどかかりました。やはり物流にもコロナの影響が現れているようです。

一昨日25日に、コロナの症状として、味覚や嗅覚の異常をこのブログに載せたのですが、翌日ネットを見ていたら、阪神の藤浪がコーヒーの味がわからなくなってコロナの検査を受けるという記事があり、びっくりしました。今日になって藤浪だけでなく、他の2名の選手も陽性だったことがわかったとのことでした。

social distancing とは?

チャールズ皇太子だけでなく、とうとうイギリスの首相まで感染してしまったようです。

イギリスの新型コロナ事情

 

新型コロナ関連

東京では食料品の買いだめが始まったようで、スーパーの棚はアメリカのように空っぽになっているみたいですね。

今回のウイルスは、高齢になるほど死亡率がかなり高くなるようです。
高齢者の私としては、元気な今のうちに感染して抗体を作っておきたいのですが、周りの人たちに迷惑がかかるので、だめですね。ずーっと家の中にこもっているのも、そろそろくたびれてきました。早く京都へ出て、デパートに行ったり、カフェでパフェを食べたりしたいです。でも、このコロナ騒動で職を失ったり、収入が減ったりした人のことを考えると贅沢は言えません。もっとも私の年金もきっと減るんでしょうけれどね。

以下のページを見ると、各都道府県の感染症ベッドの数がよくわかります。すでにキャパをオーバーしているところも。滋賀県はまだ余裕があります。

新型コロナウイルス対策ダッシュボード

 

 

コロナ関連

日本でもいつオーバーシュートが起こってもおかしくない状況のようです。
アメリカのようにスーパーの棚から食料品が消える前に、買いだめをしておいた方が良いと言う人もいます。私も少しずつ日持ちのする食品のストックを増やしていくつもりです。
私の住む町にある明智家のお墓がある西教寺には、大河ドラマの影響で今年は大勢の観光客が来るだろうと1月には言われていましたが、今のところ期待外れになりそうです。観光に来る人も公共の交通機関は避けて自家用車で来るので、タクシーの運転手さんはあがったりだそうです。