架空請求メール

大津市消費生活センターからのメールです。

最近、大津市消費者センターに利用した覚えがない架空の有料サイトの利用料を請求するメール、SMS(ショートメッセージメール)の相談が多く寄せられています。
消費者庁でも「株式会社DMM.comをかたる事業者」(以下A社)に関する注意喚起を呼びかけていますが、A社は消費者に対して、「最終通告です。有料動画閲覧履歴があり、登録解除の連絡を頂けない場合、至急身辺調査及び強制執行の法的措置に移ります。■-■-DMM」や「有料動画利用履歴が有りますが、料金未納の為本日連絡いただけない場合法的手続きとなります03-***-****株式会社DMM.com等のメールやSMSを送りつけ不安を感じた消費者が記載された連絡先に連絡すると、A社は動画サイトの運営等を行っている株式会社DMM.comかたって有料動画の閲覧履歴があると欺き、消費者に対して有料動画サイトの
未払い料金等と称して金銭の支払いを要求し、支払い方法として大手通販サイトのギフトカードをコンビニエンスストア等で購入し、ギフトカードのカード番号等をA社に伝えるように指定してきます
これらは何らかの名簿を入手した悪質業者が、その名簿に基づき、アトランダムに根拠のない請求書を大量に送っているものと思われます。身に覚えがない請求は無視することが一番です。相手にしないようにしましょう。お困りの際は消費生活センターへご相談ください。