「荷物代行」「荷物転送」アルバイトに注意

大津市消費生活センターから、以下のようなメールが来ました。楽してお金が稼げるわけないですよね。


全国の消費生活センターに「送られてきた荷物を指定された住所に転送するだけで報酬がもらえるというアルバイトをするために身分証明書を送ったところ、知らない間に自分の名義で携帯電話が契約されていた」という相談が複数件寄せられています。
相談内容を要約すると以下の通りです。
SNSで「いいアルバイトがある」と連絡があったり、投稿を見たりして消費者が連絡すると「アルバイトの内容は電化製品・電子機器の入った荷物を指定の場所に送るだけ」「1回送る度に報酬(3,000円~5,000円)が支払われる」「アルバイトを始めるためには、運転免許証などの身分証明書が必要」といった説明があります。
消費者は身分証明書を画像に撮り、その画像データをSNSで相手方に送付するとともに自分の名前、住所、生年月日、電話番号、報酬の振込先の銀行等口座などを伝えます。
この情報が利用されて格安スマホが契約され、その契約端末が入った荷物が自分宛に届きます。この荷物を指定された住所に転送すると報酬が銀行口座に支払われるという仕組みです。
書類(契約書など)が届くケースもあるようですが、「荷物も書類も中身は開封せず、そのまま着払いで指定の場所に送ってほしい」とあらかじめ指示されるようです。
「荷受代行」・「荷物転送」のアルバイトのつもりが自己名義の携帯電話が契約され、それが犯罪に使用される可能性もあります。
そして使用料や通話料が滞納されると名義を使われた契約者がそれを支払わなければなりません。また、この携帯電話を解約するためには数万円の解約料が必要となります
こうした「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトは絶対にしないようにしましょう。また、運転免許証や健康保険証、銀行等口座などの個人情報を安易に伝えないようにしましょう。