もしも「死にたい」と相談されたら

私なら、「今死ななくてもいずれ死ねるから」なんて答えてしまうかも。
言葉で寄り添うというのは、ほんとうに難しいものですね。
塾で教えていた時、遅刻した生徒に私は「どうしてきちんと間に合うように来られないの?ダメでしょう。」と叱っていたのですが、この間亡くなられたベテラン教師鈴木昭子先生は、「よく来ましたね。さあお座りなさい。」と声をかけておられました。それを聞いた時、私の中で何かが弾けました。
あの水谷先生はなんと答えているのでしょうか。

もしも「死にたい」と相談されたら