エボラ出血熱

エボラ出血熱UNICEF

まだ確定はできませんが、疑いのある日系人男性からはウイルスは検出されなかったようです。

エボラが発症すると、まず強烈な頭痛と高熱に襲われます。そして目が真っ赤に充血し、ひどい嘔吐が続きます。直接接触しなくても患者が触ったところに触れても感染しますし、患者が嘔吐した時に周囲に飛び散る飛沫の中にもたくさんのウイルスが含まれています。まぶたに数個のウイルスがついただけでも発症すると言われているくらい、感染力の強いウイルスです。もし症状が現れてもかかりつけの医院に行ったりしてはいけません。日本ではまず保健所に連絡します。

上の図はサイズが小さいので見にくいですが、エボラのことをよくまとめてあります。図をクリックしても大きくならない場合は、下のユニセフのページの下部に同じものがあります。いつも時事英語勉強会に参加しているWMの皆さんにはそんなに難しい単語はないはずですね。

エボラに関するユニセフのページ