コロナ関連(重症と軽症)

厚労省によると、入院の必要がなければ「軽症」と言うそうですが、一般人と医療関係者の考えるコロナの「重症」と「軽症」には、大きな隔たりがあるようです。

呼吸器外科医のツイッターには、

「8割は軽症」と言いますが、例えばインフルエンザで39度の熱にうなされながら水しか飲めない状況というのは、軽症に入ります。

とあります。

以下は、コロナによる肺炎で入院中の患者さんによる手記です。

これで「軽症」と言うのか。

 

 

 

コロナ関連(コロナの2つの型)

志村けんさん、本当に残念でしたね。

さて、新型コロナウイルスには、S亜型とL亜型の2種類があることがわかっています。日本で最初に流行したのは、それほど重症化しないS亜型です。そして今流行しているのは、海外旅行からの帰国者がイタリアやスペインから持ち込んだ、非常に感染力が高く重症化しやすいL亜型のようです。(こんな時期に海外旅行なんかするな~~~!)そういえば、ダイヤモンド・プリンセスの乗客は感染者が多かったわりには、死亡者数は少なかったですね。

感染してできるだけ早くに、少なくとも6日以内にアビガンを使えば効き目があることがわかってきたとのことです。でも、海外からの帰国者や濃厚接触者でないとなかなか検査すら受けさせてもらえない現状では一般の人がアビガンを使ってもらうのは無理でしょうね。

このまま行くと、4月10日くらいには、日本もイタリア、イギリス、アメリカのようになっている可能性が高いです。日本医師会は、医療崩壊が起こる前に、もう緊急事態宣言を出す時期だと言っています。今回のウイルスでは、中国やイタリアで治療にあたったたくさんの医者や医療関係者が亡くなっています。中国のように、1000床の病院は10日で作ることが出来ますが、使える医者を1人作るには10年かかりますから。

以下は、ロックダウンのイギリスに住む日本人からの警告です。

イギリスから

 

コロナ関連

重症化してしまうとダメみたいですが、感染初期にはアビガンが効くようです。日本も中国に続いてもうすぐ量産体制に入るようです。一応200万人分の備蓄はあるようですが。

それから、ワクチンが早ければ4月くらいに出来るかも。期待したいです。

多くの人が、症状が軽いため感染者であることを自覚せずに日常生活を送り、自らが感染を広める媒体となってしまうのが、このウイルスの怖いところです。

『コロナウイルスの怖さ』『これまでのウイルスとコロナウイルスが異なる点』を問う質問に対する国立国際医療研究センター病院の大曲貴夫国際感染症センター長の回答

「この病気(コロナウイルス)の怖さというのは、WHOの出している数字にも出てきますけど、本当に8割の人は(症状が)軽いんです。歩けて、動けて、仕事にもおそらく行けてしまうし、軽いんですよね。
ただ、残りの2割の方は確実に入院は必要で。全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない。しかも現場で患者さんを見ているとよく分かりますけど、悪くなる時のスピードがものすごく早い。
本当に1日以内で、数時間で、それまで話せていたのにどんどん酸素が足りなくなって、酸素量を上げてもダメになって、人工呼吸器につけないとこれは助けられないという状況に数時間でなる。それでも間に合わなくて、人工心肺も付けないと間に合わないということが目の前で一気に起こるわけです。ものすごい怖いです。
ですのでやっぱり、(コロナウイルスに)かかった方の中には特にやっぱり持病があったりする方の中では、そういうことが起こるんですよね。だからやっぱりかかっちゃいけないと思います。僕はすごく強く感じます。というのが僕の正直なとこです。」

 

 

ECMO エクモ

ECMOエクモとは、extracorporeal membrane oxygenation「体外式膜型人工肺」のことで、今、タレントの志村けんさんの治療に使われています。使用した半数くらいの人が回復しているということですが、志村さんもうまくいくといいですね。

都道府県別エクモの数

 

新型コロナ関連

東京では食料品の買いだめが始まったようで、スーパーの棚はアメリカのように空っぽになっているみたいですね。

今回のウイルスは、高齢になるほど死亡率がかなり高くなるようです。
高齢者の私としては、元気な今のうちに感染して抗体を作っておきたいのですが、周りの人たちに迷惑がかかるので、だめですね。ずーっと家の中にこもっているのも、そろそろくたびれてきました。早く京都へ出て、デパートに行ったり、カフェでパフェを食べたりしたいです。でも、このコロナ騒動で職を失ったり、収入が減ったりした人のことを考えると贅沢は言えません。もっとも私の年金もきっと減るんでしょうけれどね。

以下のページを見ると、各都道府県の感染症ベッドの数がよくわかります。すでにキャパをオーバーしているところも。滋賀県はまだ余裕があります。

新型コロナウイルス対策ダッシュボード