モンベル、防護服を無償提供

モンベルの辰野会長がモンベルを創業する前の若いとき、自宅に泊まらせてミシンの使い方や、縫製の仕方を教えたのが私の伯母です。そして、その伯母に縫製の仕事を教えたのが、昨年亡くなった私の母です。モンベル、がんばれ!

モンベル、防護服を無償提供

 

コロナウイルスについて

ジョンズ・ホプキンス大学の感染症教授による情報を、日本語に訳したものだそうです。。

〇ウィルスは生物ではなく、何層もの脂質(脂肪)でできた保護膜に覆われたにたんぱく質分子(DNA)です。 このウィルスが、眼・鼻または口の粘膜の細胞に付着すると、突然遺伝コードが変異し倍々方式で増え侵略します。
〇ウィルスは生物ではなくたんぱく質分子であるため殺すことはできませんが、自然に崩壊(減衰)します。ウィルスが崩壊する時間は温度、湿度、どこ(何)に付着したかにより違います。
〇本来ウィルスはとても壊れやすいのですが、脂質でできた何層もの膜に覆われていることが問題でこの脂質の保護膜を取り除く必要がでてきます。 脂質の保護膜を破壊することができる石けんや洗浄剤は有効(泡立ててこすり破壊)な訳です。破壊するためには石けんをたっぷりと泡立てて20秒以上こする必要があります。 保護膜を破壊することによりウィルスたんぱく質は自然に減衰し崩壊していきます。
〇熱は脂質を溶かします・・・25度以上の水で手や衣服、その他を洗うことが有効な理由となります。さらに暖かい水は泡がより泡立つため、より有効となります。
〇アルコールとアルコールを65%以上含むものは脂質を分解します・・・特にウィルスの外側のたんぱく質の層を分解します。
〇漂白剤(塩素)1対水5の割合でプロテイン(たんぱく質)を破壊します・・・ウィルスの内側から崩壊させます。
〇過酸化水素水は石けん、アルコール、塩素の効果を長持ちさせます・・・過酸化水素はウィルスたんぱく質を破壊します。しかし、純過酸化水素水を使用する必要があり、皮膚を傷つける可能性があることに注意が必要です。
〇殺菌剤、抗生物質は役に立ちません・・・ウィルスはバクテリアなどの生物ではないので抗生物質で殺すことはできません。
〇服やシーツ、布などを振ってはいけません(使用、未使用にかかわらず)・・・表面に張り付いた状態では不活性なので勝手に時間がたてば分解するからです。しかし、これを振ったりハタキを使用すると、最大3時間空気中にウィルスが浮遊し鼻などに付着してしまいます。
おおよその付着時間 ― 3時間生地 ― 4時間銅と木 ― 24時間段ボール ― 42時間金属 ― 72時間プラスチック
〇ウィルスは冷たい空気、寒い空間や家や車などエアコンがある場所では安定した状態で残存します。 また、湿気と暗さはウィルスの残存を促します。したがって逆に乾燥した暖かい、明るい環境は勢いを墜落させます。
〇紫外線ライトや光線はウィルスたんぱく質を破壊します。たとえば使用済みのマスクの殺菌には紫外線ライト(UVlight)を使用すると完璧です。但し、肌のコラーゲン(これもプロテイン)も破壊するので注意して下さい。
〇ウィルスは健康な肌を通り抜けることはできません。
〇酢(酢酸)は脂質の保護膜を破壊できないので有効ではありません。
〇スピリッツ、ウォッカも役に立ちません。 強いウォッカでもアルコール度数は40%です。ウィルスを破壊するには65%以上のアルコール度数が必要です。
〇アルコール65%以上のリステリンは役立ちます。
〇より狭く限られたスペースではウィルスも集中しているかもしれません。広い場所で換気がよければウィルスも少なくなります。
〇粘膜を触ったり、食べ物、鍵、ドアノブ、スイッチ、リモコン、携帯電話、時計、パソコン、机、テレビ、トイレなどを触る前にも、触った後にも手を洗わなければなりません。
〇頻繁に手を洗うことになるのでての保湿をして下さい。乾燥により生じる肌の小さなひび割れにウィルスが隠れ潜む可能性がありますから、厚めにハンドクリームを塗るのがお薦めです。
〇爪の中にウィルスが隠れるのを防ぐために、爪も短くしておきましょう。
―ジョンズ・ホプキンス病院―

コロナ関連(重症と軽症)

厚労省によると、入院の必要がなければ「軽症」と言うそうですが、一般人と医療関係者の考えるコロナの「重症」と「軽症」には、大きな隔たりがあるようです。

呼吸器外科医のツイッターには、

「8割は軽症」と言いますが、例えばインフルエンザで39度の熱にうなされながら水しか飲めない状況というのは、軽症に入ります。

とあります。

以下は、コロナによる肺炎で入院中の患者さんによる手記です。

これで「軽症」と言うのか。

 

 

 

コロナ関連(コロナの2つの型)

志村けんさん、本当に残念でしたね。

さて、新型コロナウイルスには、S亜型とL亜型の2種類があることがわかっています。日本で最初に流行したのは、それほど重症化しないS亜型です。そして今流行しているのは、海外旅行からの帰国者がイタリアやスペインから持ち込んだ、非常に感染力が高く重症化しやすいL亜型のようです。(こんな時期に海外旅行なんかするな~~~!)そういえば、ダイヤモンド・プリンセスの乗客は感染者が多かったわりには、死亡者数は少なかったですね。

感染してできるだけ早くに、少なくとも6日以内にアビガンを使えば効き目があることがわかってきたとのことです。でも、海外からの帰国者や濃厚接触者でないとなかなか検査すら受けさせてもらえない現状では一般の人がアビガンを使ってもらうのは無理でしょうね。

このまま行くと、4月10日くらいには、日本もイタリア、イギリス、アメリカのようになっている可能性が高いです。日本医師会は、医療崩壊が起こる前に、もう緊急事態宣言を出す時期だと言っています。今回のウイルスでは、中国やイタリアで治療にあたったたくさんの医者や医療関係者が亡くなっています。中国のように、1000床の病院は10日で作ることが出来ますが、使える医者を1人作るには10年かかりますから。

以下は、ロックダウンのイギリスに住む日本人からの警告です。

イギリスから

 

コロナ関連

重症化してしまうとダメみたいですが、感染初期にはアビガンが効くようです。日本も中国に続いてもうすぐ量産体制に入るようです。一応200万人分の備蓄はあるようですが。

それから、ワクチンが早ければ4月くらいに出来るかも。期待したいです。

多くの人が、症状が軽いため感染者であることを自覚せずに日常生活を送り、自らが感染を広める媒体となってしまうのが、このウイルスの怖いところです。

『コロナウイルスの怖さ』『これまでのウイルスとコロナウイルスが異なる点』を問う質問に対する国立国際医療研究センター病院の大曲貴夫国際感染症センター長の回答

「この病気(コロナウイルス)の怖さというのは、WHOの出している数字にも出てきますけど、本当に8割の人は(症状が)軽いんです。歩けて、動けて、仕事にもおそらく行けてしまうし、軽いんですよね。
ただ、残りの2割の方は確実に入院は必要で。全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない。しかも現場で患者さんを見ているとよく分かりますけど、悪くなる時のスピードがものすごく早い。
本当に1日以内で、数時間で、それまで話せていたのにどんどん酸素が足りなくなって、酸素量を上げてもダメになって、人工呼吸器につけないとこれは助けられないという状況に数時間でなる。それでも間に合わなくて、人工心肺も付けないと間に合わないということが目の前で一気に起こるわけです。ものすごい怖いです。
ですのでやっぱり、(コロナウイルスに)かかった方の中には特にやっぱり持病があったりする方の中では、そういうことが起こるんですよね。だからやっぱりかかっちゃいけないと思います。僕はすごく強く感じます。というのが僕の正直なとこです。」

 

 

ECMO エクモ

ECMOエクモとは、extracorporeal membrane oxygenation「体外式膜型人工肺」のことで、今、タレントの志村けんさんの治療に使われています。使用した半数くらいの人が回復しているということですが、志村さんもうまくいくといいですね。

都道府県別エクモの数